2017/10/27

就活生と企業の間で生じる「サイレント問題」とは

新卒の求人倍率1.73倍(リクルートワークス研究所より)と就活市場は売り手市場の昨今、学生は一人当たり平均2~3社の複数内定を保持していると言われている。加えて、自身の就職活動に納得がいかず留年を考えるなど、就職先の決定に学生はたいへん悩んでいるという。

ソーシャルメディアやWebサイトの構築・運用を提供するガイアックスは、累計2000社の利用実績を誇る内定者SNS「エアリーフレッシャーズ」事業において、2016年卒向けサイトの利用者である内定者(約3万人)の状況を分析し、内定承諾後の辞退傾向を調査した。結果は下図の通りで、卒業が近づくにつれて内定辞退者が微増していることがわかった。