就職流入数が示す東京一極集中、ますます加速か

 内閣府 地方創生推進室が作成した地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」から、商圏や人口、消費行動に関わるグラフ/数字を紹介する。

 生涯年収は、新卒で就職した年の景気に左右されるという。就職を希望する大卒者の内定率が非常に悪かったのは、現在、30代後半~40代前半の世代。当時は「氷河期世代」と呼ばれ、未婚率も高く、将来への懸念から節約志向も強い。