採用にSNSを使う落とし穴「似た学生ばかり集まってしまった」

SNS活用だけでは足りないものとは?

 これまで、筆者が所属していた三幸製菓の採用の変遷を述べてきました。

 前回は、母集団重視の採用スタイルから、ソーシャルメディアを活用し、じっくりと学生に向き合うことを重視する採用へとトライしてきたことをお伝えしました。

 具体的には、Facebookを起点に、学生とのエンゲージメントを重視した活動を志向し、学生との熱のあるコミュニティを生み出していったこと。結果的に、採用プロセスも母集団重視で行ってきた時期に比べ、採用活動の質を高めることにつながっていったことなどです。