2017/02/20

採用担当者として、絶対にやること・やらないこと

一番最初のブログにも書きましたが、私の経歴は異質です。

就職氷河期の最後の方で理系大学生として就職活動をし、エンジニアからキャリアコンサルタントに転身し、現在は人事として業務に就いています。

立場を変えながら、求職者と採用者の両方を見続けて、気づけは10数年経ってしまいました。

私の就業意欲の根幹は至ってシンプルで、「人に認められたい」というとても見栄っ張りなものなのですが、自分なりに腹落ちして働いています。

行動指針があるので、多少のことは乗り越えられるし、迷うことがあっても基本に立ち返ることができれば、だいたいのことが解決します。

私的な話になりますが、自分なりの人事のあり方についてまとめてみました。