母集団って本当に必要? 採用成功の鍵は、シンプルにそぎ落とすこと

「なぜ、採用を行うのか?」。多くの企業が当たり前に行っている採用活動ですが、その「当たり前」を改めて問い直すことで、見えてくるものがあります。今回は、2017年10月25日に行われた「採用学4周年セミナー」から、採用学研究所コンサルティングフェローで、株式会社モザイクワーク代表取締役社長である、杉浦二郎氏の講演をご紹介します。

杉浦 二郎(すぎうら・じろう)
株式会社モザイクワーク・代表取締役社長

2015年9月まで三幸製菓人事責任者を務め、同年10月より現職。株式会社モザイクワークを設立し、採用プランナーとしても活動中。また、外部アドバイザーとして三幸製菓の17年度採用にも関与。「カフェテリア採用」「日本一短いES」等々を生み出し、TV、新聞、ビジネス誌等、多くの媒体に取り上げられる。イベントでの講演多数。また、地元新潟において、産学連携キャリアイベントを立ち上げるなど、「地方」をテーマにしたキャリア・就職支援にも取り組んでいる。HP:http://mosaicwork.co.jp/

「採用」はあまりにも複雑になりすぎた

僕自身、実は反省があったんですね。というのは、採用をあまりにも複雑にしてしまったと思っていて、「採用ってもっとシンプルであるべきじゃないかな」と今は考えています。