2017/03/23

現役採用担当者座談会 「10人呼んだら2人トンズラ」が学生の現実

 面接で嘘をついたり話を盛ったりするのは、もはや「当たり前」。3月20日号で、大学生のそんな現状をリポートした。言うまでもなく、企業は「嘘」や「盛り」に気づいていた。

──面接での「嘘」や話の「盛り」は気になりますか。

コンサル:競合他社も受けていて「2次、3次まで行ってます」って言うんだけど、絶対嘘でしょ、と思うことはありますね。本当に受かってるとしたら、その会社は大丈夫なのかと。

人材:最近「アプリを作りました」と言う学生が多いんですが、実は自分でじゃなくて、ハッカソンでみんなで作った、みたいなことは多々あります。質問を重ねれば簡単に見破れる。だまされている感覚はないですね。