2017/05/10

社員参加の「社歌」が動画コンテストで注目高まる 採用広報ツールとして新たな可能性

 社員のロイヤリティを高めたり、求職者へ社風を伝えるためのツールとして「社歌」に対する関心が高まっている。

 中小企業の活性化を目的として運営されているウェブサイト「HANJO HANJO」では、動画コンテスト「中小企業社歌動画コンテスト」を実施してその結果を発表した。その受賞作品がテレビ番組で放映されるなど注目度も高く、若手やアルバイト採用に悩む企業にとっては自社をPRする絶好の採用広報ツールとなりそうだ。

応募29社からの動画は特設サイトに掲載され、サイト訪問者による一般投票で決定された「HANJO HANJO賞」と企業広報に積極的な中小企業経営者やAKB48の新チームAKB48 Team8など各分野で実績のある特別審査員によって決定された「審査員賞」がそれぞれ選ばれた。