面接、採用…人事部の仕事は「人工知能」でこんなに変わってしまう

日本を含む世界各国の企業で、AI(人工知能)が人事部の各種業務に導入されつつある。たとえば新規社員の採用や既存従業員の人事考課などに、AIは効果的と見られている。

人事部がAIを導入する主な狙いは、採用面接や業務評価における「人間ならではのバイアス(偏見)」を取り除き、より客観的なデータに基づく評価へと切り替えることにある。いわゆる「機械学習」や「パターン認識」など、最近のAIが得意とするデータ解析能力を使って、既存社員や入社志願者の各種能力、あるいは当該業務に対する適性等を正確に把握しようとする試みである。