面接で「帰って」 性的少数者の就活、対応進める企業も

 LGBTなどの性的少数者の就職活動を支える動きが広がっている。10月には、当事者の学生たちが企業の人事担当者らと交流するイベントが東京都内で開かれた。大企業を中心に性的少数者に配慮した採用が進む一方、情報不足など課題も残る。(土居新平)

 「LGBTはあくまでもダイバーシティー(多様性)の一つ。ゲイだからどうだとかは、誰も言いません。みんなパフォーマンスで評価されます」。日用品・食品大手のユニリーバ・ジャパンの中村力也さん(25)は、自社の強みを学生たちに説明していた。