2017/03/22

3大就活サイトの戦略差

 2018年春大学卒業予定者の採用活動が本格化している。人手不足感が高まり企業の求人意欲は強い。学生の就職活動の「情報インフラ」としての役割を担うリクナビ、マイナビ、キャリタス就活の大手就活サイトに掲載された企業数(3月1日時点)は延べ6万2508社と前年の2割増と拡大した。短期決戦が確実視されるなか、学生と企業のマッチングをどう進めるのか。就活サイトを運営する人材支援企業の戦略をみる。【生活報道部・渡辺精一】

掲載企業数は6年で5倍

 「ムードに圧倒される。どの企業か迷う」。新卒採用の広報活動が開始された3月1日、リクルートキャリアが千葉市美浜区の幕張メッセで開いた合同企業説明会。友人と訪れた駒沢大の女子学生が話す。2日間に企業1131社が出展し学生3万5000人が参加。人気企業のブースは順番待ちの長い列ができた。