「学歴フィルター」で振るい落とす採用事情

就職活動は学生に多くの負担をかける。自己分析や企業研究、SPI・エントリーシート(ES)、面接対策と、学生がやることは多い。その努力が報われ、早期に内定を得る学生もいるが、うまくいかない学生もいる。

今の就活は、3年生時のサマーインターンシップから実質的に始まっている。経団連の「採用選考に関わる指針」では、翌年3月から採用広報が解禁されて各社のホームページがオープン、説明会が開かれ、選考は4年生の6月からということになっている。しかし、実際の動きはもっと早く、3月以前に、”実質内定”を出している企業も多い。だから就活は早く始めたほうがいい。