2017/03/14

「就職に力を入れている大学」ランキング100 トップは明治大、2位が金沢工業大、3位法政大

大学生の就職状況が好調だ。文部科学省が公表した、2016年12月1日現在の2017年卒の就職内定率は、前年同時期を4.6ポイント上回る85.0%。調査開始以来、最高の数値である。

学生の満足度も高い。リクルートの就職未来研究所が発表した『就職白書2017』によると、2016年12月時点で入社予定企業に対する満足度は、「非常に満足」と「どちらかというと満足」の「満足・計」が80.8%に上る。前年を0.9ポイント下回っているが、高い水準であることに変わりはない。

希望した企業に入社できた学生が多い背景には、企業の採用意欲の高さがあるが、大学の支援も欠かせない。では、好調な就職状況を支える大学の支援について、高校の進路指導教諭はどのように評価しているのだろうか。進路指導教諭が選ぶ「就職に力を入れている大学」ランキングで、ポイントを集めた上位100大学から、検証してみたい。