「若者が出世を望まない」心境の裏にある本質

「あの上に行きたい」と思わない若者が増えています(写真:MaCC / PIXTA)
「管理職になっても責任や負担ばかりが増え、見返りもなく、将来も保証されない」――。

12月6日に配信した「20~30代が出世を望まなくなってきた本質」には多方面から反響が寄せられました。

拙著『“誰も管理職になりたくない”時代だからこそ みんなでつなぐリーダーシップ』でも詳しく解説していますが、若い世代の出世に対する違和感、抵抗感が近年、強まってきています。ただ、彼らへのヒアリングをしていくと、その根幹には人の上に立って、人を動かすリーダーという存在そのものへの疑問とともに、自分たちがそうした人間になれない、なりたくないという気持ちがあることもわかってきました。