2017/05/25

「複数内定」は当然、勝負は「内定後」にあり 辞退におびえる企業は入社式まで目を光らす

「すでに内定を出したが、保留されている」「内定辞退者が出ないか心配」――。就職活動はいよいよ後半戦に向かいつつあるが、企業の採用担当者からそうした声を多く聞くようになった。

今年の就職戦線は昨年より1週間から10日前後の早いペースで進んでおり、選考を行い、内定を出している企業も多くなっている(5月17日配信記事「『3人に1人』が内定獲得、前倒し就活の内実」参照)。