2017/07/18

10年目までの社会人、4割が「就活を後悔」 うち8割は「3年以内に転職」検討し半数が実際に転職

パーソルキャリアは7月13日、「就活に関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月、社会人10年目までの正社員1120人を対象にインターネットで行った。

転職理由「年収が低い」「企業で求められる能力が自分と合わない」

学生時代の就活を後悔している人は38%と、全体の約4割に上った。また、今年春に入社3年を経た2014年入社の社員に注目すると、就活を後悔している社員のうち79.7%が「入社3年以内に転職を考えた」と回答している。また、その半分は実際に転職していることから、新卒就活時の後悔は尾を引くことがわかった。