20代大卒女性が「活躍」より「家族との時間」を求めるのはなぜか

「2020年までに女性管理職比率を30%に」を合言葉に、政府が旗をふる「女性活躍推進」。しかし、「活躍予備軍」であるはずの20代大卒女性からはこんな声が漏れてくる。「普通に働きたい」「『活躍』より『家族との時間』が大事」。男女雇用機会均等法施行から30年あまり。社会全体が活躍を後押ししようとする中、彼女たちの心が動かないのはなぜなのか。
(ライター・石臥薫子/Yahoo!ニュース 特集編集部)

選んだのは一般職

かつて短大卒の女性に人気だった「一般職」が、大卒女性の憧れになっている――。そんな話を数年前からよく耳にするようになった。会社の基幹的な業務を担い、将来は管理職になることが期待される「総合職」に対し、総合職のサポートをするのが「一般職」。