2017/06/29

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は「高校卒」(26%)、「高専・短大卒」(18%)、「大学卒(文科系)」(19%)、「大学卒(理科系)」(21%)、「大学院卒」(12%)、「専修学校卒」(16%)となった。

前年の5月調査と比較すると、「高専・短大卒」で増減なし、「大学卒(理科系)」で1ポイント減少となった以外、4学歴では増加した。