2017/06/09

6月は内定辞退者数が急増する季節 「企業は様子のおかしい学生に気を付けて」

内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」を提供するEDGEは、6月7日「内定辞退調査結果」を発表した。調査の対象となったのは、同サービスを利用する2017年卒の学生約3万人。サービスにログインしなくなった人と退会した人を内定(内々定)辞退者として集計した。

「言い出せないままずるずると3月を迎え、慌てて辞退する」学生もいる

2017年卒が就活をしていた2016年は、経団連加盟企業の選考開始時期が6月1日に変更された年だった。最も内定辞退率が高かったのは6月で約7%だった。7月(約6%)、5月(約4%強)がそれに続いた。8月と9月は内定辞退率がともに3~4%だった。10~2月は辞退率がさほど高くないが、入社直前の3月になると辞退率が跳ね上がることがわかった