AIによるエントリーシート選考が“攻めの採用”を加速させる 500時間の工数を削減した“ソフトバンク流”未来の新卒採用(後編)

源田 泰之さん(ソフトバンク株式会社 人事本部 採用・人材開発統括部 統括部長)
中村 彰太さん(ソフトバンク株式会社 人事本部 採用・人材開発統括部 人材採用部 採用企画課 課長)

ソフトバンク株式会社は2017年5月末から、新卒採用活動におけるエントリーシートの選考に「IBM Watson」を活用。一人の採用担当が、たった3ヵ月で進めたプロジェクトが、採用活動に大きな変化をもたらしています(前編参照)。インタビュー後編では、導入によってどのような成果があったのか、また、今後の展望についてお話をうかがいました。