2017/04/21

Candidate Relationship Management(CRM)採用候補者と人材プールのマネジメント

Candidate Relationship Management(CRM)
代表的なサービス

採用候補者管理(Candidate Relationship Management、以下CRM)は企業への求職者もしくは潜在的求職者を企業が採用候補者として人材プールのなかで管理し、求人条件に応じて経験、スキルをもとにそのなかから人材を探し出すことができる仕組みである。最近では採用活動にCRMを使う企業が増えてきており、CRMを使用し人材プールを常に管理することで、迅速かつより効果的な採用が可能になると期待されている。

具体例としては、企業がメッセージや求人情報を発信すると、その情報にアクセスした求職者(潜在的求職者を含む)は、企業の人材プール(データベース)のなかに取り込まれる。その管理にCRMを使用して、採用選考時にデータベースから条件に合う人材を選ぶというケースが挙げられる。さらにCRM商品のなかには、モバイルに対応した求人情報を作成できる機能や人材プールからターゲットを絞ってSNSやメールを通じて求人情報を発信することができる機能を備えたものもある。