2017/02/02

LinkedInの採用担当トップがすべての面接で最初に行うこととは?

LinkedInで採用担当のトップを務めるブレンダン・ブラウン(Brendan Browne)氏は、自社に応募してきた人に採用面接をする際、まず始めにその候補者にマジックペンを手渡し、壁際のホワイトボードの方に向かせる。

ブラウン氏は、2010年から採用チームで指揮をとってきた。チームを築くにあたり、同氏は目の前の候補者を雇うべきかどうかを判断する珍しいやり方を発見した。
ポジションに関係なく候補者に質問する。「あなたが最も情熱を注げられる対象は何ですか? ホワイトボードを使って、どのようなものか説明してください」

あなただったら何か思いつきますか?