2016/07/21

Uターン就活の目的と成功に導くためのポイント

Uターン就活とは一旦故郷を離れた人が戻ってする就職活動
求職サイトには、Uターン、Iターン、Jターンといった言葉が並んでいますが、実は意味の違いを知らない人も多いのです。Uターン就活とは、進学や就職で一度は都市部に出た人が、生まれ育った地方で仕事をするために就職活動をすることです。Iターンは、都会で生活をしていた人が、出身地とは関係のない地方で就職することをいいます。Jターンは少しややこしいのですが、生まれ育った故郷には就職先が少ないため、故郷近辺の地方都市に就職をすることです。具体的には、佐賀県出身の人が福岡で就職をして実家から通勤するケースなどが当てはまります。佐賀から福岡まで電車で1時間足らずなので、Jターンをする人は多いのです。

人口流出阻止のための行政支援でUターン就活は近年人気

Uターン就活が近年人気を高めているのには、いくつかの明確な理由があります。まず、行政がUターン就活を積極的に支援している点が挙げられます。人口流出の激しい地域の自治体によっては、採用が決まる前の就活の段階で、面接交通費を支給しているところもあります。都市部の人口集中は、地方の過疎化を招いているだけでなく、都市での生活にも悪影響をもたらしています。特に東京の通勤ラッシュは、地方出身者には耐えられない程ひどいものです。こうした都市での殺伐とした社会人生活に疲弊した人たちがUターン就活は、自然な流れでもあるといえます。

Uターン就活では目的を明確にすることが大切

Uターン就活は、都市での就活以上に明確な目的を持つ必要があります。Uターン就活を目指す人が増えている一方、思い描いた理想と現実のギャップに戸惑い、結局都会へ戻ってきてしまう人も多いのです。都市での生活が肌に合わなくて地元に戻るのは、歓迎されますが、その逆は本人にとっても辛いものがあるでしょう。今後の帰省も、しづらくなってしまいかねません。こうしたUターンの失敗を防ぐためには、まず確固たる目的意識が大事です。何があってもぶれない心を持てば、困難があっても乗り越えていけるのです。

理想ではなく現実を見る

Uターンを目指すきっかけや目的は人によって異なります。家業を継ぐため、都市部へ出たときから地元に戻ることを念頭に置いていた人もいるでしょう。一度都会に住んでみて、あらためて地元の良さを実感した人、高齢化が進む地元を若い自分が戻って支えたいという気概のある人もいるかもしれません。どんな目的であっても、自分がそこに揺るぎない意志を持っていればUターンは成功する可能性が高いです。ただ、漠然とした憧れや理想が先行してしまうと、いざUターン就職をしてから「思い描いたことと違った」と失望する場合があります。インターネットを活用して情報収集を行い、仕事だけでなく生活の具体的なイメージも持っておくとよいでしょう。

Uターン就職を成功させるには現地に足を運んだ状況把握が必要

Uターン就活を成功させるポイントは、目的を明確に持つことがまず一つあります。理想を胸に描くだけでなく、その理想が現実に則したものなのか、情報収集が必要です。都会におけるビジネス市場と、地方における実態は大きく異なる場合があります。インターネットを通じた机上のリサーチだけでなく、帰省した際に地元で実際に仕事をしている同級生や先輩から、直接話を聞いてみると、実情が見えてきます。