U・Iターンで人材獲得を目指し、地方企業の情報発信が活発に

U・Iターンによる人材獲得を目指す、地方企業の動きが活発化している。

静岡商工会議所は11月上旬に、地元企業で働く若手社員が学生のメンターになる交流制度を発足する。主に大学生が対象で、多様な社会人との接点を提供して、U・Iターンを考える材料としてもらう。年内にも市や商議所、大学が催す就活セミナーなどでマッチングの場づくりを始める予定だ(日本経済新聞より)。