VOL.3 面接では“形容詞”ではなく“事実”で自分を表現する。採用する側はどこまでも事実を尋ねていくとよい。

井上 スピーチで失敗しがちなことといえば、もう一つ。内容を詰め込みすぎるというか、ネタを省けないんですよね。これだけでは伝わらないんじゃないかという不安もあって……。

西任 それも目的が明確ではないからです。あれもこれも言いたいという気持ちが勝ってしまうんですよね。時間を考えれば、「ここまでしか無理だよな」というのもわかると思うので、目的を明確にしたあとは潔く、省く勇気を持つことが必要ですね。