2018/03/05

今年の就活生は”超ホワイト志向”「40歳で年収1000万円」「サビ残はイヤ」

3月1日、就職活動が本格スタートした。昨年に引き続き、2019年春卒の就活も学生優位の「売り手市場」が続き、企業は人材確保に苦戦を強いられそうだ。一方、学生は内定をもらえるかという不安感が薄れ、企業を選別したいという大手志向が強まっている。そんな今年の就活生は”超ホワイト志向”だという。いま、彼らが入社したい企業とはー
(SankeiBiz 久住梨子)