2017/12/06

型にはまらない就活論 社会人1年生3人語る 「地域の仕事に面白さ」/岐阜

今春から県内で働いている社会人1年生3人が、自らの就職活動を話し合うイベントが各務原市内で開かれた。売り手市場が続き、学生の大手志向も強まっているとされる中、3人は「規模の大小でなく地域に関わる仕事に面白さを感じる」と語る。少数派かもしれないが、大きな組織で安定感を求めるのとは異なる若者たちが語る夢に耳を傾けた。【高橋龍介】