2018/06/12

変わらぬ就活の危うさ 「寄らば大樹」大企業志向は崩れるか

2019年春に卒業する学生の就職活動が終盤戦に突入している。学生優位の売り手市場が続く中、少しでも給料が高く安定した“大企業志向”が強まっているとの調査もあるが、その一方でスタートアップ企業を渡り歩きながら将来の独立を目指す若者もいる。同志社大学政策学部教授の太田肇氏が、いまどきの就活事情と今後の課題についてレポートする。