2018/03/13

学生のナビ離れで新卒採用は次の時代へ。ダイレクト・ソーシングで見えた本来の在り方

『IT人材不足「19年危機」 新卒争奪戦が過熱(2018/2/26付 日本経済新聞より)』という報道にもあった通り、中途採用だけではなく新卒採用においても、“売り手市場”が顕著に表れました。そして、かつてナビサイト(就活ナビ・新卒ナビ)中心だった学生たちに“ナビ離れ”が見られ、「新卒紹介」がトレンドの1つとなりました。さらに最近では、就職活動において「ダイレクト・ソーシング(ダイレクトリクルーティング)」が活発に利用されるなど学生・企業両者にとって新卒採用に変化が生じています。学生が登録している情報を見て、企業が直接スカウトするダイレクト・ソーシングの手法が一般的になる中で、企業はどう変わる必要があるのでしょうか。そこで、大学生の就職活動を変える新サービス『DODAキャンパス』を展開している株式会社ベネッセi-キャリア(※)の大竹氏、桜井氏にお話を伺いました。