2017/12/11

就活生を悩ませる、おじさんたちの「個性」「人間力」という言葉

 2019年卒の就活が慌ただしくなっている。本来であれば大学3年生の3月に採用広報活動開始、大学4年生の6月に選考開始なのだが、「インターンシップ」という名のもとで、早期接触が行われている。

 インターンシップというと数日間行う「職業体験」を想起するのだが、実際は1dayインターンシップの割合が増えており、中には会社説明会同然のようなものも行われているのが実態だ。グループワークやプレゼンなどをさせる企業もあるが、優秀な学生の見極め、早期接触を目的としていることは明らかだ。そこで活躍した学生には「今度は2dayのプログラムがある」などの案内を送り、囲い込んでいく。