2018/07/13

採用チームの役割は「hey」という名のプロダクト開発!年60人の採用を目指す戦略とは

実店舗向け決済サービス「Coiney」を運営するコイニー社と、オンラインストアの開設・運営サービス「STORES.jp」を運営するストアーズ・ドット・ジェーピー社(以下、ストアーズ社)。

この2社が経営統合し、2018年2月に生まれた新会社「hey」。

同社は、組織拡大に向けた「組織づくりのプロダクトチーム」を発足し、その入り口となる「採用」を強化中だ。

「1年で従業員数を倍増する」という目標に向けて、エンジニア採用ページ「Code for Fun」を開設。また会社説明会「Hello hey」の開催などを行った結果、3ヶ月で15人以上の採用に成功したという。

そのチームを率いる、同社副社長の佐俣 奈緒子さんは「組織はプロダクト、採用はマーケティングと同じ」だと語る。

今回は、佐俣さんと、同チームで採用担当を務める勝谷さんに、同社の組織づくりにおける考え方から採用手法に至るまで、詳しくお伺いした。