2018/05/01

採用通知メールのポイントとは? “事務的な連絡”になってませんか

新卒採用において、内定は「あなたを採用します」という採用通知とほぼ同じ意味を表すものです。人事担当者としては、この段階からの心配ごととしては「内定辞退が出たらどうしよう」「内定者フォローを企画しないといけない……」といったことが多いのではないでしょうか。

ここでよく考えてみる必要があります。企業側としては一区切りの「内定」ですが、その通知をもらった学生側も同程度、もしくはそれ以上に不安を思っているものです。「本当にこの会社でよかったのか」「ちゃんと働いていけるのだろうか」といった、さまざまな疑問や不安を日々感じています。

内定者フォローの重要性は多くの企業の方が認識していると思いますが、実は、この内定を出すタイミング、「内定者メール(通知)」の段階から始まっています。たとえば、この通知メールが、夜間や早朝など、常識の時間内に送られていないだけで、「残業が多い会社なのでは…」といったことや、「一般的な配慮をしてもらえる会社ではないのかも…」といったネガティブな印象を与えかねません。

「採用通知」とはそもそも、応募者に「採用が内定した」ことを知らせる重要な通知です。応募者の立場に立ち、“内定者フォローの入り口”、ということを念頭に、扱う姿勢が大切です。