2018/03/15

競争率20倍も!インターン選考で二重化、学歴偏重進む採用活動——広まる就活格差

3月1日の会社説明会解禁を受けて新卒の採用活動が本格化している。

そんな折、経団連の榊原定征会長は3月7日の記者会見で2021年卒の採用選考の解禁時期を前倒しする方向で検討することを表明した。具体的には現行の6月1日の選考解禁時期を3月1日とする案が浮上している。

もとはと言えば、就活の早期化や学業に支障を来すという理由で、2016年卒の選考開始時期を従来の4月1日から8月1日に後ろ倒しし、翌年には6月1日に変更した経緯がある。3月1日に前倒しすることは経団連の施策が失敗だったことを意味する。