2017/04/11

経団連、採用面接の6月解禁を維持 インターン日数廃止も正式決定

 経団連は10日の会長・副会長会議で、2018年(19年春入社)の就職活動のルールを正式に決定した。企業説明会の解禁日を3月1日、採用面接は6月1日とし、17年の日程を踏襲する。インターンシップ(就業体験)は日数規定を廃止して実施しやすくする。

 榊原定征会長は10日午後の記者会見で「一定のルールに基づいた採用活動が重要」と指摘。「他の団体とも一段と連携しながら周知徹底を図っていきたい」と述べた。採用日程については「一部懸念されていた留学生や教育実習生への影響はなく、全体的に評価の声が多かった」と語った。