2018/09/27

面接で起こりがちな3つの”アンコンシャス・バイアス”

2019年卒対象の新卒採用も落ち着き始め、採用の振り返りをされている人事の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

どの媒体で、どれくらいの人数が集まったのか?
何名が内定辞退し、なぜ辞退したのか?など

「人を集める部分」と「人が意思決定する部分」に、振り返りの重点を置くことが多いかと思います。

一方、選考フローにおいて、共に採用活動を行った選考官のスクリーニング精度の振り返りも非常に重要かと思います。

採用目標が達成できなかった際、何かと母集団形成が問題だ!と帰結しがちですが、選考フローにも同等、もしくは同等以上の問題が発生していることが多くあります。

本日は、選考官が面接で陥りがちな、アンコンシャス・バイアスについてまとめたいと思います。