2017/11/09

19年新卒採用はや過熱企業「気が休まる時がない」

人材獲得競争の激化を背景に、企業の採用活動が実質的に通年化している。2018年春入社予定者の内定式が10月に終わったばかりだが、多くの人事担当者は19年春に卒業する学生向けの秋・冬のインターンシップ(就業体験)の準備に追われている。一部の外資系企業では19年新卒の選考作業に入っており、年内にも内定や内々定を得る大学3年生が登場する見通しだ。