2018/06/22

2020年卒インターンシッププログラム ~企画内容が母集団形成の成否を分ける~

2020年卒を対象としたインターンシップ広報が本格的にスタートしました。夏季インターンシップの開催に向け、プログラムの企画や内容についての詰めの準備を進めている時期ではないでしょうか。

内定者の70%がインターン時期にその企業への応募を決断しており、インターンシップを通じた母集団形成は年々重要度を増しています。学生にとって理想のインターンシップ企画は内容の大半が就業体験で占められているものでしょう。しかし就業体験を提供できる企業は限られており、各社企画を練り、試行錯誤のうえ1DAYインターンシップを開催する企業が増えつつあります。

1DAYインターンシップ最大の課題は、参加学生との接点継続です。翌年3月からの会社説明会まで、自社への興味を維持させることは難しいのが実情です。そこで、1DAYインターン参加者からの母集団形成に成功されている企業の事例を紹介します。ぜひインターンシッププログラム企画、内容の検討にご活用ください。