2017/09/25

VOL.1 加熱する人材市場においていま、何が起きているのか? 働き方改革の本質とは?(1/5)

井上 石田さんのご専門の「行動科学マネジメント」について、最初に簡単にご紹介させていただきます。石田さんからこれまでにお伺いしたことやご著書から、私なりの理解でまとめますと——
行動科学マネジメントとは、①行動そのものを分析する「行動分析学」という学問に基づいていること、②抽象的な概念や計測できない要素を一切排除し、具体的な行動に焦点を当てて物事を見ていくこと。③その状況に応じた最適な行動の集積が成果につながると考えること、といった特徴(あくまでごく一部分ですが)があって、精神論や経験と勘に基づくマネジメントとは決定的に違うということです。