2021/01/13

コロナ禍で問われる中小企業の在宅勤務や採用の問題、捺印の商慣習撤廃の難しさ

コロナウィルスの感染拡大に伴い、在宅勤務を始めた会社が増えている。私の企業へのオンライン取材を通じての観察や日々の仕事のやりとりでは、特に中小企業(主に正社員数300人以下)に混乱が目立つ。顕著なのは、出版社や編集プロダクション、広告代理店などだ。今回は、私が感じ取る問題点と今後の対策を紹介したい。