2020/02/21

人の心を考慮しなければ「戦略人事」は機能しない

最近は従業員のエンゲージメントが注目されている。
日本人はエンゲージメントが低いといわれるが、低い従業員はムダの多い社員であり、戦略人事においては大きな誤算となる。
どうすれば従業員の心をつかみ、エンゲージメントを高めることができるのか。学習院大学の守島氏が、いま人事が取り組むべき課題について語った。