変わる大学生の就活 ナビサイト2強時代にも変化の兆しが

大学生の就職活動のファーストステップといえば、就活関連サイトへのエントリーかもしれません。数ある企業の中から希望する企業を選び・調べる情報収集だけでなく、企業の選考にエントリーするなど就活に幅広く活用されています。

代表的なサイトは「マイナビ」と「リクナビ」、長らく2強時代が続いています。

掲載社数は、マイナビ2万7142社、リクナビが2万3823社と幅広い企業が掲載され、サイトから選考にエントリーできるためです。ところが、新型コロナウイルスの影響が大きく、オンライン化など劇的に変化した、ことしの就職活動では、変化の兆しがみえてきました。