2018/11/14

女子大学生の就活人気企業が“男子化” 背景に、好景気と大学キャリア教育の普及か

2018年9月、経団連(日本経済団体連合会)の中西宏明会長が記者会見で「個人的に、経団連が採用選考に関する指針を決め、日程の采配をすること自体に極めて違和感がある」と発言。10月に経団連は就活指針の廃止を正式に発表した。

 企業側の代表である経団連の就活ルール廃止宣言を受けて、政府は大学側(短大、専門校を含む)の就職問題懇談会と組んで、新たな就活ルール指針を適用させるという。

 そもそも、就活ルールづくりに経団連の力を借りていたのは、就職人気企業の多くが経団連に加盟していたからである。では、具体的にどのような企業が学生に人気があったのか。日本の就職人気企業ランキングの変遷を確認していこうと思うのだが、こういった企画は男子大学生に偏る傾向が強いので、ここではあえて女子大学生の就職人気企業にターゲットを絞ってみたい。