2019/12/20

就活生のリクナビ離れ加速?3割「利用しない」

リクルートキャリアが運営する就職ナビ「リクナビ」の閲覧履歴に基づく内定辞退率予測データの提供問題は、提供を受けた契約企業37社にも、政府の個人情報保護委員会に引き続き、厚生労働省も職業安定法違反であるとして東京労働局などを通じて行政指導を行う事態になった。
HR総研が11月上旬に就活クチコミサイト「就活会議」(運営・リブセンス)と共同で実施した調査によると、一連の”リクナビ問題”を受けて21年卒の3割が「リクナビを利用しない」と回答した。
調査結果をもとに、学生の「意識の変化」を考察する。