2020/01/17

年間1万超の学生が殺到 採用活動の仕掛け人が教える、成功する採用の設計図

「中小企業だから…」「業界イメージが悪いから…」「地方だから…」。そう言って、採用を諦める必要はありません。今、大手有名企業を蹴って中小企業に入社する若者が増えているんです。そう語るのは、株式会社Legaseedで代表取締役を務める近藤悦康氏。今、創業6年目、従業員数20名の同社の新卒採用活動(2019年)には年間1万6000人もの学生が参加をしている。楽天株式会社が運営する口コミ就職情報サイト「Rakutenみん就(https://www.nikki.ne.jp/event/20180928/ )」では、名だたる大手企業を差し置いて「(2019年卒)インターン人気企業ランキング」20位、人材業界部門ランキングでは1位を獲得。なぜ、今それほどの学生が同社に集まるのか。どのように学生を惹きつけているのか。空前の売り手市場の中でデキる人財が集まる同社の裏側に迫ったロングインタビューをお届け致します。素敵なオフィスの一部も垣間見える内容になっておりますので、そちらのお写真にもぜひご注目ください。