理系大学院生が内定企業への入社を決める瞬間

文系と理系では新卒採用事情は大きく変わる。文系で新卒と言えば学部生を指すが、理系では国公立大学を中心に院生(修士)が多い。研究室(指導教官)との強い関係も理系の特徴だ。教授の意向が就職先を左右することがあり、人事部は研究室との関係を重視する。その象徴が「推薦」だ。この20年くらいで有り難みは薄れたが、今日でも「推薦」という制度は存続している。