2018/12/12

経団連が「就活ルール」廃止を宣言! そもそも経団連ってなんですか?

2018年10月、経団連(日本経済団体連合会)が就活指針の廃止を発表。大手企業の代表である経団連の存在が改めてクローズアップされた。では、そもそも経団連って何ものなのか?

 経団連は日本を代表する経済団体である。なぜ経済団体が必要かといえば、経済界の総意を凝集し、その発言を他者(主に政界)に発信する必要があるからだ。

 現在の経団連は、2002年に経済団体連合会(略称・経団連/以下、旧経団連)と日本経営者団体連盟(略称・日経連)が統合して誕生した。

 当初は旧経団連と区別して、日本経団連と呼んでいたのだが、そのうち経団連と呼ぶようになった。このことが暗に示しているように、建前はどうあれ、実際は旧経団連による日経連の吸収合併だったのだといえる。