2018/09/04

経団連会長、就活指針取りやめる考え 選考解禁の縛りも

経団連の中西宏明会長は3日、学生の就職活動に関する指針について、2021年春入社の対象者から、取りやめる考えを示した。取りやめられれば、1953年の「就職協定」から始まった就職活動のルールがなくなることになる。ただ、経団連としての機関決定は経ておらず、今後、具体的な協議をする方針だ。