2018/10/15

21年入社組は現ルール=就活関係会議で大筋一致―政府

政府は15日、就職・採用活動に関する新たなルールを協議する関係省庁連絡会議(議長・古谷一之官房副長官補)の初会合を東京都内で開いた。

 経団連が、現在大学2年生以下の2021年春以降の新卒者の活動にルールを設けないと決めたことを受け、学生の混乱を防ぐため、21年入社組については現ルールを踏襲するよう企業に求める方針で大筋一致した。経済界と大学の意見も踏まえ、政府主導で対策をまとめる。

 経団連の現行ルールは20年春入社組の学生まで、会社説明会は3月、選考面接は6月にそれぞれ解禁し、正式な内定日は10月以降と定めている。今後の議論では、企業側に通年採用の動きが広がる中、22年春以降の入社組の扱いが焦点となる。