2021/04/26

採用現場で減らない面接官の「ひんしゅく発言」

学生は就活の準備に多くの時間を割く。どんなに準備しても不安だろう。不安だが、期待は大きいはずだ。相手は立派な企業につとめる社会人だ。自分に足りない部分はあるとしても、学ぶことは多いはずだ。

こういう学生の期待を裏切る企業がかなり多い。面接官の発言を読むと、社会人としての配慮や自覚が足りない内容が多い。とくに多いのは女性差別だ。

どのような発言があるのかを検証してみたい。使用データはHR総研が昨年6月に楽天グループ「みん就」と共同で行ったアンケート調査だ。2021年卒業予定の就活生に「説明会や面接を通じて、企業の社員や人事に言ってほしくなかった言葉があれば、教えてください」という設問に対する回答からピックアップしている。