2021/05/12

第一生命HD、営業職員の定着へ新制度

第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長は9日までに産経新聞のインタビューに応じ、顧客向けのサービス向上に向け、営業職員の定着を促す制度を導入したことを明らかにした。

採用人数の数値目標を撤廃し、営業職員として適性がある人材を厳選して採用。
処遇に関する制度も見直して、業界共通の課題である営業職員の大量離職を防ぎ、顧客との関係を強化する。同社では営業職員が顧客から金銭を詐取する不祥事が相次いだことも踏まえ、優秀な人材が長期間活躍できるよう踏み込む。