2021/09/07

NECが中計達成へ、トップマネジメント改革のために明確化した3つの施策

NECは、2025年度までの中期経営計画の達成に向けたトップマネジメント改革として、社長を含む役員全員を対象に、新たに三つの施策を明確化した。結果責任を問うために1年任期の厳格化や「適所適材」の配置のための役職定年撤廃、同一役職の委任契約を最長6年とすることが骨子。今回の施策により、年齢にとらわれない人材配置をトップマネジメントから徹底する。